Prado心理セラピーの特徴

「ダメな自分を変えたい」では罰ゲーム・自己承認の意義とは

「~が出来ない自分はダメだから」という動機で目標を立てると

当Pradoでのセラピー・セッションでは、目標設定を最重要視します。

人は悩んでいる最中は、目標ではなく問題に意識が向いています。これは当然と言えば当然ですが、問題とは「望まないもの」ですから、問題だけに意識が向きっぱなしだと、結果的に「望まない現実」にはまり込んだままになります。

ここから、自分はどこに行きたいのか、望んでいるものは何なのかに意識を向け直すことが、目標設定の意義です。

クライアント様には初回セッションの前に、出来る範囲で目標を考えて持ってきていただいています。それらは例えば、「人目を気にせず、自然体に振る舞いたい」「家族や職場の人と良好な人間関係を築きたい」「やる気を起こしたい」などになることが多いです。
どれも大切な、価値のあることですね。

しかしその目標の裏側に、

「人目を気にする自分はダメだ」
「人間関係がうまくいかない自分は情けない」
「やる気の起きない自分はダメだ」

などの自分を罰する気持ちが潜んでいたとしたら・・・?

この気持ちがあると、目標を持ちそれに向かって努力することが、まるで自分への罰ゲームのようになってしまいかねません。それでは却って苦しい人生になってしまいます。

目標を持つことを嫌がる人の中には、「目標を持って努力する」=「罰ゲーム」のように捉えている節があるのではないかと思われます。

 「どうしてあんたたちは頑張ろうとしないの!」をやってしまう間は

目標設定を、一人の人間ではなく、チームの目標として角度を変えて考えてみましょう。

例えば、「チームの売り上げを上げることが目標」だった場合、誰か一人が

「私はこんなに頑張っているのに、どうしてあんたたちは頑張ろうとしないの!あんたたちが遊んでいるせいで、売り上げが上がらないじゃないの!」

と思っている、と仮定します。実際に、その人一人が頑張っていて、他の人は遊んでいる事実がある、としましょう。

これは一人の人間の中で言えば、「何で私は、頑張れないのだろう。やる気が起こらないのだろう」とつい自分を責め、鞭打とうとしてしまうようなことです。同じことが、複数の人間から成り立つチームで起こっているとします。

さあ、この状態で、遊んでいる(ように見える)人たちが改心して、「わかりました!遊ぶのはやめて、頑張ります!!」と進んで努力をするでしょうか・・・?

そう言われてあっさり改心するくらいなら、最初からこんなことにはなっていないはずです。世のマネジャー、リーダーが悩むことはなくなります。

口では「はーい、わかりました」としぶしぶ言っても、心の中では「なんだよ、一体。うるさいなあ」と不平を言っているのが関の山でしょう。人の世はこうしたものです。

実に面白いことに、「何かはわからないけれど、彼らにも彼らなりの事情がある」と受け入れて初めて、売り上げは上がり始めます。

遊んでいるように見える人達にも、その背後には膨大な曲折と事情があり、それは外からはわかりません。

その背景の本当のところはわからないながらも、「何か事情がある」ことそのものを受け入れる、なおかつ、仕事をさぼっていることは良しとはしない、勿論これは、決してたやすくできることではありません。忍耐力と広い視野、思考の柔軟性を身に着けることが求められます。

同じように、一人の人間の中の「やる気が起きない自分」にも、何か事情があります。

ただ「なんであんたたちは・・・!」をつい思いたくなるのも人情ですし、その悔しさを否定する必要もまた、ありません。

自己承認は「誰もが自分と同じようにはやれない」を肝に銘じるため

「何か事情がある」のは確かですが、その事情の中身はわかりません。当の本人でさえ、気がついてはいないでしょう。他人が「ああじゃないか、こうじゃないか」と憶測したところで、エネルギーと時間の無駄になります。

「何か事情がある」という事情の存在を受け入れることと、事情の中身に首を突っ込もうとすることは、また別です。しかしいずれも、目には見えないことなので、混同しやすいです。

ですから、さらに角度を変えて、「誰もが自分と同じようにはやれない、やれるわけではない」と認めると、「相手の事情の存在」を受け入れやすくなります。

自己承認の意義は、こうしたことにもあります。

自己承認を、うぬぼれ、自己賞賛、自画自賛と取り違えないことが非常に重要です。承認は、事実を認めていくことで、評価は入りません。賞賛は評価することです。

上記の例だと「さぼりたい気持ちをこらえて、努力してきた自分がいるんだなあ、だからこそ、悔しく思うんだなあ」と認めていくことです。努力の質と量はさておき、自分なりに努力したことは事実です。

こうして自己承認を経ないと、「誰もが自分と同じようにやれるわけじゃないんだ」と思えなくなります。

「こんなの、当たり前でしょ!なんでそうしないの!」、引いては「何であんたたちは頑張ろうとしないの!」をたとえ内心であってもやってしまいます。

自己承認=うぬぼれること、ではなく、むしろ、相手に自分と同じ基準を求めてしまわないための自己承認です。

努力して成果を出してきた自負がある人ほど、要注意です。

これを一人の人間の中で応用するとしたら、例えば「あの時は頑張れた自分がいるんだなあ、でもいつでも同じように頑張れるわけじゃないんだなあ」と認めていくことです。これも、良い悪いではなく、事実としてそういうことが起こっている、と客観視していくことです。

両方の自分を承認することが、何よりの自分の支え

「人目を気にする自分」
「人間関係がうまくいかない自分」
「やる気が起きない自分」

を、不甲斐なく思うのも人情です。しかし、この自分を罰し続けることは、繰り返しになりますが「どうしてあんたたちは頑張ろうとしないの!」を自分にやることと同じです。これを自分にして、行き詰らない人はいません。そしてこれらの自分にも、わからなくても何か事情があります。

そしてまた、人は可能性の全くないことは、最初から意識に上らず、望みもしません。アメリカ国籍のない人は、アメリカの大統領になりたいとは思いません。その可能性のある人だけが、大統領になろうと望み、挑戦します。

ですから、

「人目を気にせず、自然体に振る舞える自分」
「人間関係がうまくいっている自分」
「やる気が起きている自分」

も、ちゃんと自分の中にいます。今はー自分が望むほどにはー表に現れていないだけのことです。

「両方の自分があるんだなあ」と誰よりも自分が承認すること、これが自分と向き合い、努力するエネルギーの源となり、その道のりを歩む自分を支えてくれます。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録