潜在意識の特徴

潜在意識の特徴 ②現実と非現実の区別がつかない

リアルにイメージすることの力

スポーツの世界で、イメージトレーニングが効果をあげているのを聞いたことがあるかと思います。
これも潜在意識の「現実と非現実の区別がつかない」特徴を活用しています。

脳は、リアルにイメージすると、現実にそれが起こった時と同じ神経回路に電気が走り、体に反応を起こします。
試しに以下の事をイメージしてみましょう。

目の前に黄色のみずみずしいレモンがあります。
そのレモンを手に取って、少しひんやりした感触や、レモンの重さを感じてみます。
そしてナイフを手に取り、レモンを横に二つに切ります。
レモンの果汁が飛び散り、レモンの香りが鼻腔をくすぐります。
そして薄くスライスし、その一片を指先でつまみ、口元に持ってきて、香りをかぎ、口の中に入れて噛んでみましょう。

さあ、今、貴方の口の中はどうなっているでしょうか・・・?

「嫌な出来事は客観」「望む未来は主観」でイメージ

そしてしばしば、私たちがやってしまうのは、「嫌な出来事を主観で思い出し、望む未来を客観でイメージする」ことです。
嫌な出来事・・・例えば殴られたことがあったとして、現実に殴られたのは一回でも、それを主観でリアルに思い出すと、脳の中では同じ反応が起きてしまいます。

つまり、何度も殴られたのと同じ経験を自分にさせてしまいます。
もう終わった事なのに気が滅入るのは、主観でその時の出来事を何度も思い出しているからかもしれません。

ただ、学びを得るために潜在意識がその嫌な出来事を思い出させようとする事が多いので、その場合は意識して、客観でイメージする事がコツです。

そして望む未来は主観でイメージしましょう。

未知の世界なので、過去のことほどリアルにイメージするのは難しいかもしれませんが、できるだけリアルに見て聞いて感じると、レモンの時と同じく脳がそれを体験してくれます。
リアルにイメージが出来ると、実際に行う時は2回目です。そして何でも、2回目は簡単です。

陸上短距離選手のフローレンス・ジョイナー(長く伸ばした爪で有名でした。ソウルオリンピックの金メダリスト)が、
「試合に勝つイメージを、五感をフルに使ってリアルに出来た時は、必ず勝つ」
と言っていたそうです。

セラピー・セッションの中で「1回目」を終わらせる理由

当Pradoのセッションでは未来ペーシングと言って、「次に似たような事が起きた時、これまでとはどのように違ったことを感じ、どのように違った選択をしていますか?」と言った質問をセッションの終わりの方で行います。

この時に脳の中で「1回目」を行っています。

これは理屈での判断ではなく、五感を使って、実際にそのようにやっているとイメージできるかが大変重要です。

勿論相手のあることなら、相手は予想したような反応をしないかもしれませんし、その時の状況によっては自分自身も未来ペーシングと全く同じようにはできないかもしれません。

しかしそれは余り問題ではないのです。

脳が「大丈夫、新しい選択をする事が出来る」と納得していればいいのです。

現実には「予想通りにはならなかった」(私たちの人生はこれの連続です)としても、それをフィードバックとして受け止め、また何度でも新しい選択肢を増やし続ければ良い、自尊感情が高い人はこれが腑に落ちています。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録