親との葛藤

愛情不足の親の元に生まれたとしても・自己教育の力

愛情たっぷりに育てられた人は、概ね健全、しかし逆は常に真ではなく

弊社のクライアント様から時々受ける質問に

「親にしっかり愛されて育った人は、健全に育ち、人にも優しくできるそうですが、親から(身体的・精神的)虐待を受けて育った私は、大丈夫なのでしょうか・・・?」

というものがあります。

世間には、「あの人は親に愛されなかったから、ひがみ根性が抜けないんだ」などと思ったり、言ったりする人もいます。

確かに、親に健全な愛情と信頼、そして承認を浴びるようにもらって育った人は、「世界は無条件に良いもの、世界が自分を歓迎してくれている」と無意識に感じ取っていることが多いです。

ですので、概ね健全で、人をひがんだり、意地悪をしたりすることはめったにないようです(この世に起きることは全て例外がありますから、全員が全員ではないかもしれません)。

そしてまた、ひがみ根性が抜けない人、意地悪な人、構ってちゃんや構わせてちゃんの中には、親から健全な愛情をもらい損なった人も少なくありません。

人間の脳は一般化をしたがりますので、「親から愛された=健全で優しい」「親から愛されなかった=不健全で意地悪」などとラベルを付けて脳の中に保存したがります。

しかし現実は決して、そう単純ではありません。

結論から言えば、いわゆる火宅の家(「こんなことがこの世にあるのか!」と思うほど凄まじい事例をたくさん聞いてきました)に育った人であっても、人に優しく、誠実に信頼関係を築け、人を振り回したり、支配したり依存したり決してしない自立した人もたくさんいます。

このような人たちは、一体どのようにして、劣悪な環境に負けることなく自分を育てることに成功したのでしょうか・・・?

思春期以降「自分を育てるのは自分」の割合が増加

幼い子供にとっては家庭が全宇宙です。そして親、特に母親は子供にとって神様のような存在です。
人間は他の動物と違って、かなり長い期間親の庇護の下になければ生きていけません。

幼い子供は、親の承認と愛情、そして庇護を、どうしたら受けられるかをひたすら学習し続けます。
(「優しい子だったら」「明るい子だったら」「言いつけを守る子だったら」・・・「そうすれば自分は生き延びられる」)

思春期以前、まだ自我が発達する前の子供は、こうして親の影響をもろに受けて育ちます。

しかし自我の発達に伴い、友達や先生など家庭以外の「外の世界」からの影響を受けるようになると、徐々に自分独自の価値観や信念などを形成していきます。

高校生頃までは、まだまだ選択の自由がありませんから、その点に於ける責任は周りの大人がとらなくてはなりません。
が、「自分を育てる責任」は、ほぼ親が全てを担っていた幼少期から、徐々に自分自身の割合が大きくなります。

そして成人以後はー若いうちは周囲が「教えて」くれたとしてもー「自分を育てるのは自分」です。
「だって上司が、先輩が、だれそれが」「誰か私をどうにかして下さい」をいつまでも言い続ける人を、一人前とは言いません。

「子供が自分で自分を育てられるようになる」環境づくりを、幼少期の頃から行うこと。
これをしている親が真に賢く、愛のある親ではないかと思います。

親が子に全てを、手取り足とり教えられるわけではありません。自分で学び、自分を育てるように、子供を育てる、この「自己教育」のプログラムをインストールするのが真の親の愛情でしょう。

つまり、親の愛情⇒健全に育つ、というダイレクトな因果関係ではなく、親の愛情⇒「自分で自分を育てる」環境づくり⇒健全に育つ、という中間のプロセスがあります。

自分で自分を育てるとは、自分と向き合うことであり、孤独に耐える力が必要です。

親の愛情をたっぷりと受けて育った人は、孤独に耐えやすいです(「構ってちゃん」「構わせてちゃん」になるのはそれだけ孤独に耐える力が弱いためです)。

なので結果的に自分と向き合うことを怖れなくなります。またその結果、自分で自分のあり方を正す力が強くなるのだと思われます。

親の愛情が不足していても、自己教育に成功した人に共通する特徴

ならば、親の愛情のいかんにかかわらず、「自分で自分を育てる」ことが出来る人は、おのずと健全に育つ、ということになります。
そしてそういう人は、実際にたくさんいます。

つまり自分次第で、「どんな風にもなれる」ということです。

三重苦のヘレン・ケラーの家庭教師アニー・サリバンは救貧院で育ちました。福祉施設とは名ばかりの大変劣悪な環境だったそうです。映画や演劇の「奇跡の人(原題 The miracle worker)」はヘレン・ケラーではなく、アニー・サリバンのことです。

またアメリカで最も成功した黒人女性と言われる、オプラ・ウインフリーも、彼女の生い立ちは苦難の連続でした。

参考:スコープを拡げることが悩みから抜け出すコツ 

そして弊社のクライアント様で、辛い家庭環境に育ったにも関わらず、自己教育に成功されたクライアント様に共通する特徴があります。
(これはあくまで私の経験上のことで、これが絶対条件ではありません)

  • 読書の習慣がある
  • 日記やブログなど、自分の考えを言語化しまとめる習慣がある
  • 「頑張ればできる」という経験がある
  • 責任のある仕事を持っている、あるいは持っていた(仕事を「こなす」のではなく、主体的に取り組む)
  • 友人、配偶者、恋人など、「心から信頼できる人」が少なくとも一人はいる

読書は脳の前頭連合野を鍛え、客観性や想像力、思考の柔軟性が増します。また日記やブログなどの言語化も、「自分が何を感じ考えているのか」の客観視に役立ちます。

勉強にしろスポーツにしろ「頑張ったらできた、結果を出せた」のは、それを親が否定しようとしまいと、厳然たる事実です。
頑張った成果を、親に無視されたり、あざ笑われたりされると、子供の心は深く傷つきます。
しかしそれでもなお、「人がなんと言おうと、私は頑張ればできる」という経験は、動かしがたい支えになります。

仕事に主体的に取り組むのは、責任が生じますが、この責任は心の筋肉を鍛える役割があります。
(「言われたことをこなしているだけ」ではいつまでたっても心は鍛えられません)

また「心から信頼できる人」の存在はーそれが依存でない限りー「人間はそう捨てたものではない」という暗示になり、同じく自分自身にとっても「自分はそう捨てたものではない」という暗示になります。

自分と向き合うことは、自分の人生に責任を持つこと

心理セラピーで行っていることは、この自分と向き合うことに尽きます。
セラピストはその補助をしているのに過ぎません。

自己啓発系のセミナーの宣伝に「一瞬で信頼関係が築けるようになる!」とか「一回でトラウマが消失する!」などの煽り文句が時々ありますが、こうしたことに決して騙されてはいけません。

(この「信頼」とはラポールという「息があった状態」を指すのでしょう。すばやくラポールを築けるようにはなりますが、どんな関係も、一瞬で信頼関係を築くことは不可能です)

人間関係の向上にせよ、トラウマの解消にせよ、自分と向き合うプロセスが必ず必要です。そのプロセスを飛ばして実現することはありません。

そして自分と向き合うには勇気がいることもしばしばあります。

セラピストは寄りそうことはできても、勇気そのものをクライアント様に「差し上げる」ことはできません。

生まれ育った環境が辛いものだった、それはその人の責任ではありません。
しかし、その自分と向き合うかどうかは、その人にしか選べません。

自分と向き合うことから逃げなければ、これまでの経緯がどうあれ、アニー・サリバンやオプラ・ウインフリーや、私のクライアント様のように「人の心を打つ」生き方をすることはできるのです。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録