自尊感情にまつわるコラム

対象恒常性・誠実さ、一貫性、信頼、不安の耐性の土台

「逃げるか、戦うか」は「恐れ」という本能のため

耐えがたい痛みを感じると人は、「そこから逃げ出そうとするか、それを攻撃し、戦おうとするか」をまずしようとします(「ああ、もういや!逃げ出したい!」「何なの、あいつむかつく!!」など)。

この「逃げるか/戦うか」反応は、全ての動物が持つ本能です。本能ですから、なくなってしまうと私たちは生き延びていけません。津波が来たら走って逃げるのも、この本能があればこそです。

しかし、この本能の反応が過剰だと、社会的動物である人間は様々な不都合を生じてしまいます。ちょっとした「嫌なこと」にいちいち逃げ回ったり、攻撃的になっていては社会に受け入れてもらえません。
私たち人間には、この本能を保ちながら、過剰に反応的にならないバランスが重要です。

セラピー・セッションでは目標設定を重要視しますが、緊急かつ心身の安全に関わる場合を除いて、目標が「逃げること」に終始していては意味がありません。

虐待、DV、パワハラなどの場合は我慢せずにまず「その場から逃げる」ことが必要ですが、心身の安全が確保された後は、「二度とこのような目に遭わずにすむ自分とはどのような自分か」を時間をかけて考える作業が必要になります。

「恐れ」「不安感」が慢性的もしくは過剰な場合

明らかないじめや嫌がらせがあるわけではないのに、「恐れ」「不安感」が慢性的もしくは過剰な場合は、やはり自分自身の反応を変えていく必要があります。この場合は環境を変えても同じだからです。

慢性的な「恐れ」「不安感」がある場合、以下のような問題が起こることがあります。

  • 人の目が過剰に気になる。
  • 相手が自分の思ったような反応を示してくれないと、腹を立てたり、逆に自分を過剰に責めたりする。
  • 相手に媚びて歓心を買おうとする。
  • 小さな「思い通りにならなかったこと」を右から左に流してしまえず、いつまでも根に持ったり、気に病んだりする。
  • 場当たり的な嘘をついて評価を得ようとする。

こうしたことは人間関係のこじれを生みますし、依存症や衝動行為の温床にもなります。

対象恒常性ー世界に対する安心感、一貫性、誠実さの土台になるもの

「不安感」や「恐れ」とは反対の、人間の基本的な「安心感」は、生後まもなくから、主には2~3歳ごろに獲得される対象恒常性が支えています。対象恒常性とは、「ある対象が目の前から消えても、その対象自体はなくなっていない」という感覚です。

生後9ヶ月くらいの赤ちゃんに「いないいないばあ」をすると喜びます。これは対象恒常性が獲得されつつある時期だからです。
「ほら、お母さんはそこにいるでしょ、隠れててもいるでしょ、ほら、いた!!」と「いないいないばあ」をするお母さんに向かって思っているのです。

お母さんの姿が視界から見えなくなると、火がついたように泣きだす赤ちゃんは、「本当にお母さんが世界からいなくなってしまった!!」と思って泣いています。ですから、お母さんの姿がまた視界に入ると安心して泣きやみます。

成長するにつれて「お母さんが目の前にいなくなっても、お母さんの存在自体は消えてなくならない」、そして「今目の前のお母さんは怒っていても、お母さんの愛情自体はなくなってはいない」を学習していきます。

これが母親以外の対象や出来事にも応用されていきます。「先生に叱られても、自分の存在全体を否定されたわけではない」「この人は嫌な人だけれど、全ての人が嫌な人ではない」「今嫌な事が起きていても、世界全体が悪くなるわけではない」など。

対象恒常性は困難を克服するための、足元を固める地盤とも言えるでしょう。つまり打たれ強さです。

この対象恒常性の獲得が、「世界に対する無条件の信頼」「一貫性」「誠実さ」の土台となります。

大事な友人が今この場にいない時、ある人がその友人の悪口を言ってもそれに同調しない、或いはその友人のプライベートを詮索されても答えない、こうした態度も「今ここにその友人はいないが、ずっと存在している」という対象恒常性があればこそです。
すぐにばれるような嘘を、保身や虚栄心やこびへつらいのためについたりしないのも同じことです。

対象恒常性の獲得が不十分だと、「常に足元がグラグラしている」「雨雲の向こうに青空があるとは思えない」という漠然とした不安感にさいなまれてしまいます。

この不安感が、他人の反応をコントロールせずにはいられなくなったり、しがみつき、依存、構ってほしい、構わせてほしいに転じていくことがあります。

対象恒常性の獲得と脳の前頭連合野の活性化

何故、人によってこの対象恒常性の獲得が不十分になるのか、はっきりしたことはわかっていません。幼少期の家庭環境や、脳の器質的障害の可能性、遺伝的要因、もしくはこれらが組み合わさったもの等と言われています。

ただし、乳幼児が対象恒常性を獲得しようとしている時(「いないいないばあ」を喜んでいる時など)、脳の前頭連合野(大脳新皮質の中でも前方、額のあたりにあります)が活性化していることが認められています。

人間の脳は、誕生後約20年をかけて完成します。未成年者の喫煙、飲酒が禁じられているのは脳がまだ未完成だからです(海外では、21歳以上にならないと認められない国もあります)。

そして大脳新皮質といって脳の一番外側を覆い、動物の中でも人間が最も発達している部分は、後ろから前へ発達します。つまり前頭連合野は最後になります。

老化により衰えるのは前から後ろです。お年寄りが涙もろくなったり、怒りっぽくなるのは、前頭連合野の働きが衰え、扁桃体という脳の「パニックボタン」を抑制しづらくなるからです。

不安を感じやすい、動揺しやすい、取り越し苦労や終わったことにもクヨクヨしやすい場合は、「受けてしまったストレスを発散させる」方法を身につけつつ、「前頭連合野を活性化させて、最初から『脳のパニックボタン』が過剰に反応しなくなる」訓練が必要です。

前頭連合野は、目標・計画、客観性、想像力(相手の立場になって考えること)をつかさどります。

前頭連合野を活性化させる訓練とは、「人から与えられた目標ではなく、自分がどうしたいか、どうなりたいかを考える」、「起きた出来事や不安材料をテレビドラマを見るかのように客観的に見る」「様々な角度から物事を考える」などが該当します。

自尊感情を高める7つの習慣② 魂の成長課題を見い出す

自分を客観視・ テレビドラマワーク

また、前頭連合野のみならず、大脳全体を活性化させることも合わせて重要です。
軽い運動、自然に触れて(近所を散歩するようなことで充分です)五感を刺激する、規則正しい生活や、バランスのとれた食生活も、体のみならず脳を活性化し、結果「生きやすい人生」のためにも大切です。

愛、そして思いやりは後天的な学習と訓練

人間の動機はふたつしかない、「愛」か「恐れ」だ、と言われます。
上記の通り「恐れ」は本能であり、「愛」そして「思いやり」は後天的に学習していくもの、前頭連合野が担うものです。

愛は相手を好きになることではなく、「相手の立場に立って、今その相手に最もふさわしいことをする」態度です。
場合によっては叱ることや忍耐させることが「今その相手に最もふさわしいこと」になるでしょう。

「恐れ」が消えてなくなる必要はないけれど、常日頃は「愛」「思いやり」が行動の動機の多くを占めている状態になること、これが当Pradoのセラピー・セッションで大切にしていることの一つです。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録