自尊感情にまつわるコラム

執着しなくなると望みが叶う理由

「何が何でも・・・!」は短期的には良い場合も

執着を手放しましょう、執着しなくなると望みがかないます、という言葉を聞いたことがあるかもしれません。
執着とは「何が何でも・・・!」という心の状態です。

「何が何でも・・・!」は非常に短い時間でのことなら、威力を発揮することもあります。
例えば、マラソンでのラストスパートは「何が何でも・・・!」の気持ちを強く持たないとできません。
こうしたデッドヒートを見てハラハラしたり、或いはご自身がその経験をした方もいらっしゃるでしょう。

スポーツだけでなく、例えば危険から逃げる際など、「何が何でも生き延びる・・・!」という強い気持ちが必要なこともあります。

「何が何でも・・・!」が強すぎると、逆の暗示を自分に入れてしまいます

しかし長期的に取り組む必要がある場合は、「何が何でも・・・!」が逆効果になることが多いようです。
例えば、以下のセリフを言っている人が、どんな人か想像してみて下さい。

「何が何でもお金が欲しいんです・・・!」
「何が何でも痩せたいんです・・・!」
「何が何でも恋人が欲しいんです・・・!」

このようなことを言う人を「お金がある人」「スリムな人」「恋人がいる人」とはイメージしないでしょう。
「何が何でも・・・!」が強すぎると、上の例だと

「お金に困っている人」
「痩せる必要がある、太っている人」
「恋人がいなくて寂しい人」

という望みとは逆の暗示を自分で入れてしまいます。

執着は不安の裏返し

でもそうは言っても、お金を得たいのも、体重を落としたいのも、恋人が欲しいのも事実ですし、こうした望みを持てばこそ努力しようとも人は思います。

望みが執着に変わってしまうのは、不安の裏返しとも言えるでしょう。

「本当にその望みが叶うのだろうか・・・?」という不安に振り回され、コントロールできない時に執着が生まれます。つまり「不安材料>自分」の状態です。望む結果を得るためには、これを「不安材料<自分」にする必要があります。

また、人間に対する信頼感が低い人はお金に執着することがあります。

お金そのものがいいものだ、と思っていることとは別です。真のお金持ちほど「お金はいいものだ」と思っています。無駄遣いはしない代わりに、出すべき時にはポンと大金を出せるのもお金持ちの特徴です。

そして真のお金持ちは鷹揚です。細かいことにこだわりません。つまり執着がないのです。「お金は人との縁が運んで来るもの」と思っているので、信頼関係さえ築いていれば、お金は回ってくると思っているようです。

そして実際、お金は信用の証です。「日本銀行券」と書かれた紙きれを、一万円なら一万円の価値がある、と人々が思っているのも「信用」しているからです。

人間に対する信頼感が低い人ほど、不安からお金に執着します。そしてまた、何よりも自分を信じていないのです。「お金>自分」と思えばこそ、お金に対する執着が生まれます。

不安はあっても良い、それを受け止めているもう一人の自分がいるかどうか

誰しも結果はわかりません。ですから不安が生じるのも当然と言えば当然です。
その不安を「なかったことにする」のではなく、もう一人の自分が「ああ、今自分は不安を感じているのだな」と受け止めているかです。

不安を「感じないふりをする」は誤った楽観主義に陥りかねません。不安材料を見て見ぬふりをすることも、「不安材料>自分」という暗示を入れてしまいます。

そしてそのもう一人の自分が「『不安材料<自分』になるために、今日出来ることは何だろう?」と客観的な質問をすることが大切です。

お金を得るため、体重を落とすため、恋人を得るため、「今日出来ること」をほんの少しでも積み重ねる、そうすると「ゴールに向かって前進した自分」の暗示を入れることが出来ます。

潜在意識には「有」か「無」しか入りません。たった5分でも10分でも、潜在意識には「今日前進した」「前進しなかった」としか入らないのです。

そして人から励ましてもらっても、或いは占いで良い結果が出ても、自分の今日の行動以上に「ゴールに向かって前進した自分」の暗示を入れることはできません。

当Pradoで小さな宿題を出す理由

当Pradoでのセラピー・セッションでは、次回セッションまでに小さな、毎日やる宿題を出しています。その宿題の中身はクライアント様と話し合って「やってみたい、できそう」と思えることをやって頂いてます。

時々「一日たった一回やるだけで良いのですか?」と訊かれることがあります。勿論一回以上やって頂いて構いません。
しかしこれは一日にどれくらいたくさんやるかが大事なのではなく、とにかく潜在意識に毎日「有」を入れることの方がずっと重要なのです。ですから、できるだけ小さな、毎日やれることを宿題にしています。

ハワイ旅行はハワイにいる時だけがハワイ旅行ではありません。ハワイに行こう!と決めてから、もしかするとコツコツ貯金をするところから既にハワイ旅行の中にいる、と考えても良いでしょう。

「自分はゴールに向かう旅の中にいる」という暗示を入れることが、毎日宿題をやって頂く目的の一つです。
そして「自分は毎日一歩一歩ゴールに向かって進んでいる」この実感が「不安材料<自分」になっていきます。

「人事を尽くして天命を待つ」

精一杯努力しても、短期的には望む結果を得られないこともあります。毎月毎月、何年にもわたって売り上げ目標を達成し続けている営業部などないでしょう(もしあったとするなら、目標設定自体が低すぎる可能性があります)。
試合をすればどちらかが負けます。多くの人が失恋を経験しています。入試も誰かが不合格になっています。

クライアント様と私は「望む結果(目標・ゴール)」を設定し、それを得られるように共に進みます。
しかし不思議と「結果じゃないんだ」がクライアント様の腑に落ちた瞬間に、逆説的に望む結果を得られるようです。

人生の面白さと、そして私たち人間の頭で考えることが如何に小さいかを思い知らされる瞬間です。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録