コミュニケーション

共感と同意はどのように違うか

心の状態とコミュニケーションは密接な関係が

人生の質はコミュニケーションの質とも言われます。人間は関係性の中でしか生きることが出来ません。
この関係性には自分と他人、そして自分と自分の双方があります。
今回は他人とのコミュニケーションにおいて、しばしば混同されやすい共感と同意の違いについて取り上げます。

頭ごなしに否定されるとカチンとくるもの、しかし同意はできない場合も

自分の話を肯定してもらうと、自分を受け入れてもらえたかのように思えるため、嬉しく感じます。
そしてまた誰しも、頭ごなしに否定されることは望みません。話の内容ではなく自分そのものを否定されたかのように感じてしまいかねないからです。

だからと言って、相手の話の全てを「同意」しなくてはならない、ということはありません。人は皆それぞれ違いますから、感じ方や考え方が違うことがあるのも当然です。

頭ごなしに真っ向から否定はせず、相手の存在そのものを受け入れ、尊重する、そして相手とは違う自分の考えを伝えることを躊躇しない、これが優れたコミュニケーターがやっていることです。

そしてこの優れたコミュニケーターが基盤としていることが「同意」ではなく「共感」です。

同意は話の内容(コンテンツ)に賛同すること

人が話をする時、言葉と、表情や声のトーン、身ぶり手ぶりなど言葉以外の表現を使って相手に伝えようとします。

例えば

「雨が降って来た」

これは単なる事実ですが、声のトーンを落とし、うつむき加減で言うと「雨が降って来た」はその人が望んでいないこと、逆に明るい声で、嬉しそうな表情で言えばその人が雨が降ることを望んでいた、と伝わります。
そして私たちは、「雨が降って来た」という事実そのものより、その人がそれをどう受け取っているのかの方が、印象に残ります。

また、人は無意識のうちに、報告した事実よりも、それに対する自分の感情を受け止めてほしい、と願っています。

会話における同意とは、この話の内容「雨が降って来た」に同意することです。「そうだね、降って来たね」
そして共感は「残念ね」「良かったね」と相手がそれをどう受け止めているかに共感することです。ですので、共感の方が相手の心の動きを読み取り、想像する力が必要とされます。

こうしたお天気の話題のような、「それほど感情的な問題ではないこと」は、同意でも共感でも相手にとっては大差はないかもしれません。

しかし例えば

「あの人、嫌な人なのよ!」

これを顔をしかめ、いかにも嫌そうに言った場合はどうでしょうか。ついやってしまいがちなのは

「へえ、嫌な人なんだ!」

と内容に同意してしまうことです。

この同意は意外と曲者です。
相手は「賛成してくれた!」と悪い気分にはならないでしょうが、お互い話のコンテンツに「はまり込み」、「あの人がいかに嫌な人か」に焦点が当たります。
飲み屋での愚痴はこれが延々と繰り返されています。鬱憤晴らしにはなっても現実は何も変わりません。

また逆に

「え、そうかな、あの人にだっていいところがあるよ!」

だと、相手は「あんたは嫌な目に遭っていないからそう言えるんだ!」と反発してしまいかねません。心を閉ざすか、むきになって反論しようとするか、いずれにせよ建設的な会話にはならないでしょう。

ちなみに同感は、「そうそう、嫌な人よね~、私もそう思うわ~」と同じように感じていることです。同意と同感は重なり合う部分が大きいです。

共感は相手が事実をどう受け止めているかを尊重する態度

共感は先の「雨が降って来た」の例と同じく、「相手が事実をどう受け止めているか」に焦点を当てることです。

「あの人、嫌な人なのよ!」
「よほど嫌な思いをしたのね」

「あの人が嫌な人かどうか」は相手の主観、判断、解釈です。事実とは異なります。これもまた、尊重されるべきことですが、自分は違う主観、判断、解釈があるかもしれません。

そして相手が「嫌な思いをした」こと、これは表情や声のトーンから読み取って、「事実だろう」と推測されることです。
そしてまた、「あの人が実際にどんな人か」とは無関係に、「相手がどんな感情を抱いたか」もそのまま尊重されることでもあります。

共感は話の内容そのものに是非や判断を下すのではなく、相手が「事実をどう受け止めているか」だけをそのまま尊重する態度です。
これは「心の中で起こる感情は全てOKだ」が前提になっています。

参考:自尊感情を高める習慣 ①ネガティブな感情を受け止める

そして「あの人が実際に何を言ったりしたりしたのか」という事実の有無をこの場合議論しません。
それは「その場にいなければわからない」ことですし、それに焦点を当てると水掛け論になってしまいかねないからです。

「あの人、嫌な人なのよ!」
「よほど嫌な思いをしたのね」
「そうなの、すごく上から目線の言い方をするのよ、あの人」
「上から目線が嫌だったんだ」
「そう、言い方ってあるじゃない?言ってることはもっともなんだけど・・・。あんな言い方されるとどんなに正しくても傷つくわ」
「言い方に傷ついたのね」
「そうなの、もうちょっと配慮した言い方をしてくれるといいんだけどな」

聞き手は話し手の感情、「事実そのものではなく、事実をどう受け止めているのか」をフィードバックしています。
そして会話がここまでくると、「あの人の全てが嫌」なのではなく「言い方が嫌」だと話し手が自分で客観視できます。あの人の「存在」ではなく「行動」に不満があるわけですから、解決の糸口が見つけやすくなります。

同意だけだとコンテンツに巻き込まれてしまうことも

では同意だとどうなるでしょうか?

「あの人、嫌な人なのよ!」
「へえ、そう。嫌な人なんだ!」
「あんな言い方するなんて、よっぽど根が意地悪なのよ」
「根が意地悪なのね、あの人は」
「根が意地悪な人なんだもの、こっちはどうにもできないわ・・・。どうにかしてほしい、異動にならないかしら」

先の共感では、「話し手の感情、つまり反応」に焦点が当たっていますが、同意だと焦点は「あの人存在、人となり」に当たっています。「あの人は嫌な人」にお互いはまり込んでいるので、それ以上の進展は望めません。

また特に、こちらも「あの人に嫌な思いをしたことがある」と、つい「そうそう、わかるわ!嫌な人なのよね~」と同感になりがちです。

ただ、まずは感情を吐露して気持ちを落ち着かせるためなら、同感が効果的な場合もあります(「私も同じ目に遭ったことがあるのよ、嫌な人だと思ったわ」など)。

人は「このようなことを感じているのは自分だけだろうか?」と思うと孤独になり、悩みを絶対化しがちです。「自分だけじゃないんだ」と思えると安心し、気持ちが落ち着きいてきます。

しかし繰り返しますが、同感だけでは根本的な「解決」にはなりません。話し手の感情がいくぶん落ち着いたら、「同感」から「共感」へ移行することが「解決」のためには必要です。

共感はどちらかと言えば、「自分は中立の立場にある」ことを明確にしたい場合に効果を発揮します。
例えばクレーマーへの対処は「会話の内容の是非(正しい、正しくない)にはまり込まない」のが鉄則です。これをするとクレーマーの思うつぼです。ですから「同意」ではなく「共感」を心して行うことが肝要です。

また話の内容そのものを論じなくてはならない会話では、自分が「同意」つまり「賛成」するのか、「反対」するのか明確にする必要があります。

「同意」が悪くて「共感」が良い、と言った単純なことではなく、違いを知って使い分けられることが大切です。

同意は自分の意見を言うのと同じ責任を伴う

共感能力、と言う言葉があります。一方で同意能力・同感能力と言う言葉はありません。
共感は想像力と客観性、そして「相手が問題を解決できる」という信頼に基づくものです。
同意は話の内容に「同意」すること。共感と似てはいますが、実は共感の方が奥が深く、鍛錬が要ります。

ついよりたやすい「同意」になびきがちですが、同意は自分の意見を言うのと同じ責任を伴います。
共感は必ずしも相手の意見に「同意」していなくても構いません。上の例では自分は必ずしも「あの人は嫌な人」だと思っていなくても、共感することはできます。

この違いを知ることも、共感と同意の使い分けのために大切です。

共感のベースには「心の中で起こることは全てOK」

共感は、誰かにできて誰かにはできない類のものではありません。その一方で、まずは「心の中で起こることは全てOK」の自己受容、「相手が何を感じているのか」を考えられる想像力や感受性、そして何より「相手が問題解決できる」という信頼があってのものです。

「どうにかしてあげたい」と共感ではなく同情してしまうと、相手が求めていないのにアドバイスをしたくなり、結果相手の自尊感情を傷つけてしまいます。

共感は会話の時のみならず、どんな時であっても「自分の幸福の責任は自分」「どんな自分も自分」を受け入れつつ生きているかが問われるかのようです。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録