Prado心理セラピーの特徴

思い込みが強くなる理由・「疑わない・考えない」催眠サイクル

私たちは自分の「思い込み通り」に世界を見ています、良くも悪くも

「男はみんな浮気する」
「甘いものがやめられない」
「お金を稼ぐには苦労しなくてはならない」

これらは事実と言うよりも思い込みですが、人は一旦思いこむと何度でも繰り返し自分に言い続け、あたかもこれらが動かしがたい事実のようにまた思い込みます。

そして「如何にもその根拠となりそうな出来事」を自分から引っ張ってきて、「ほらね、男はみんな浮気するものよ。甘いものはやめられないのよ。お金を稼ぐには苦労しなくちゃならないのよ」と自分で自分を説得し続けます。

勿論、この思い込みを持つに至るには、それなりの経緯と事情があります。人間の脳は、「これが事実かどうか」「正しいかどうか」ではなく、「どうやったら生き延びられるか」を生れてから死ぬまで、学習し続けます。そしてその時点での「一番生き延びられそうな、最善のパターン」を学習し(2番目以下を採用する、ということはありません)、脳に刷り込んでいきます。

だからこそ、繰り返し「根拠のありそうなこと」を引っ張ってきては自分を説得しようとします。

しかしこれらの思い込みは、やはり自分を制限する類のものです。

このような思い込みを持つ一方で、「やっぱり素敵な男性と恋愛して、幸せな結婚をしたい」「甘いものを食べるのは適度にして、健康的な食生活を送りたい」「お金を稼ぐことに、苦痛を感じたくない。楽しく仕事をしてお金を得たい」と思うのなら、この思い込みは解除する必要があります。

「行き詰る」のは、新たな上書き保存が必要というサイン

これらの思い込みは「自分がよりよく生き延びられる」新たな選択肢を学習しない限り、働き続けます。

ただ、人は自然に「よりよく生きられる新たな選択肢」を学習してもいます。例えば、子供の頃のあいさつと、大人になってからのあいさつは違うはずです。人生のどこかの時点で、「子供のあいさつではなく、大人のあいさつをした方が、よりよく生き延びられる」と学習し、上書き保存しました。私たちはこうした上書き保存を、何度も繰り返しています。しかしほとんどの場合は、あまり意識されていません。

私たちが時として「行き詰る」のは、新たな選択肢に上書き保存する必要がある、というサインに他なりません。

他人はこれらの制限的な思い込みに、お説教をしたり、議論を吹っ掛けて変えようとしてしまいがちです。

「皆が皆浮気するわけじゃないよ!」
「甘いものをやめられた人だっているよ!」
「楽しくお金を稼いでいる人もいるよ!」

しかし、このようなことを言うのは、両手に握りしめた棒を外側から引っ張って取り除こうとするようなものです。
実際にやってみるとわかりますが、棒を引っ張ろうとすると、却って力を込めて握りしめ、棒を離すまい、とするのが人間の反応です。

思い込みを強化する催眠サイクルとは

上記の事を下の図で表したのが「催眠サイクル」です。
%e5%82%ac%e7%9c%a0%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%af%e3%83%ab_page0001
そしてこのサイクルは、繰り返せば繰り返すほど、わだちが深まるように強化されます。
このサイクルを解くには、「疑わない、考えない」を「疑って、考える」にする必要があります。

この時、「普段自分ではしないような質問」「新たな選択肢に上書きできるような質問」をして「考えてもらう」、これがセラピストの重要な仕事の一つです。どんな人も、これは自分一人ではなかなかできません。セラピストという他人の援助を得る意義は、こうしたことにもあります。

ただし、「質問攻め」になると人はストレスを感じてしまうので、出来るだけ数少なく、適切なタイミングを見計らって効果的な質問をするのがセラピストの力量となります。

そして「その人がよりよく生き延びられる新たな選択肢」を自分で探し出す、これが最も重要です。
人は「自分で見つけた答え」は疑わず、おのずと責任を持つからです。

逆に言えば、相手が望んでいない間のアドバイス(「何でああしないの、こうすればいいのに!」「考えすぎよ!」「あの人だっていいところがあるんだから!」)は自尊感情を低下させ、また「だって、あの人がああ言ったから」という責任転嫁を起こす危険性があります。人が善意のつもりで「助けてあげよう」とすると、必ずと言っていいほどこうしたことが起こってしまいます。

アドバイスは、相手が「自分が何をほしいか」が明確になり、そして相手が「どうしたらいいかな?」と望んでから行うのが鉄則です。アドバイスの内容が、どんなに優れたものであっても、タイミングを誤ると相手を傷つけることにもなりえます。

そして、セラピストがヒントを提案することはあっても、採用するかどうかはクライアント様次第です。

効果的な質問をして、クライアント様がご自身で「新たな選択肢に上書きする」、これは棒を握りしめた両手の、力をほんのわずかに抜くことです。こうすると棒は簡単に下に落ちます。
そしてこれは、「力を抜いても大丈夫だ」とクライアント様の脳が思わない限り起きません。

客観視の力をつけ、様々な角度からの視点を

自分ではしない質問を受けて、新たな上書き保存をする、これがセラピーでやっていることですが、だからといって、一生、心理セラピーを受け続けなくてはならないわけではありません。

質問を受けると、脳の中に新たな神経回路が作られていきます。新たな神経回路がどんどん作られると、思考の柔軟性が増します。そして自分や、起きている出来事を客観視する力がついていきます。そうすると、上記の催眠サイクルに、最初からはまり込みにくくなります。

催眠サイクルにはまるとは、小さなコップの中にはまり込んでしまうようなものです。悩んでいる最中は、この「小さなコップの中にはまり込んでいる」状態です。

仮にはまり込んだとしても、すぐ抜け出せる。コップの外から、いろいろな角度から眺められるようになる。「生きやすさ」とはこの客観視と、思考の柔軟性が身についている、ということでもあります。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録