セッションをお引き受けできないケース

心理セラピーはどんな場合でも効果があるわけではありません

icon-check-square-o セラピストがクライアント様の問題を解決するのではありません。
クライアント様がセラピストを使って、ご自分だけの気づきを得て解決していくことがセラピーの目的です。

 icon-star 変化を生みだすのはクライアント様ご自身であり、「自分が変わりたい」というモチベーションがなければセラピーは成功しません。
ですので、解決する意志のない方、ご自身の心と向き合う準備が整っていない方はお断りすることがあります。

① ご自身が自発的に取り組まない場合

心理セラピーに限りませんが、「ここに来れば何とかしてもらえる」の丸投げの状態では結果は決して出ません。
人は自信を失うと「誰かに何とかしてもらいたい」と思いがちですが、仮に「誰かに何とかしてもらった」としても、一番肝心の自信を持つことはできません。
却って自信を損なってしまいます。

当Pradoが目指す「自尊感情の回復」とは、「どんな困難も乗り越えられる自分」を取り戻していくことです。
「誰かに何とかしてもらう」こととは逆のことです。
却って自尊感情の低下を招きますので、お断りさせて頂いています。

② 解決が目的ではなく、依存することが目的の場合

依存そのものが目的の場合、当然ながら結果は出ません。
この場合、クライアント様の潜在意識に「私は自分で自分の問題解決ができない、無力な人間だ」の暗示が入り、自己虐待になります。
クライアント様の自尊感情を寧ろ低下させ、ご自身にも周囲の人々にも悪影響が出ますので、お断りさせて頂いています。

自分と向き合うエネルギーがない場合

心理セラピーは自分と向き合うための、少なからぬエネルギーが必要です。
心身ともに疲労困憊している時は、まずは休養を取り、栄養のある消化の良い食べ物を少しずつ召しあがるなどしてお体をいたわって下さい。
ご自分の心と向き合うのはそれからでも遅くありません。

「何もしたくない」時に自分を責めると回復が遅くなる理由

上記のの場合は、結果が出ませんのでお断りさせて頂いてます。

遅刻・キャンセル・予約の変更等が頻繁な場合、宿題をやって来ない場合等は、上記①~③のいずれかに該当するとみなし、お断りさせて頂いています。

遅刻と予約の変更が多いクライアント様は結果が出ない、2つの理由

 icon-star ご家族、知人・友人に連れられて(あるいは言われて)ご来店されたクライアント様の場合、ご本人がセッションを開始・継続する意志がない場合は、原則ご本人へのセッションをお断りさせて頂きます。
その場合は同意の上、ご紹介者様へのセッションに切り替えさせて頂きます。
(下の『「私の家族(子供、配偶者)、友人、知人を連れていきたい」とお考えの方へ」をご参照くださいませ)

 icon-star 当Pradoとセッションの方針が合わない(他人に復讐したい、記憶を消したい、他人を支配したい、約束を守れない等)場合もお断りすることがあります。

 icon-star 自傷、他害、器物破損、暴言、自殺企図等はセッション完了までは禁止とさせていただいてます(セッション外の時間であっても)。
行動化が激しい場合、またこれらのお約束が守れない場合はお断りさせて頂きます。

当Pradoの心理セラピーの対象範囲外となるケース

 icon-star 脳腫瘍、脳梗塞、認知症などの脳機能障害(セッションの途中で明らかになった場合は、直ちに中止させて頂きます。医師の指示に従って下さい。)

 icon-star 自閉症、アスペルガー症候群、発達障害など先天性障害

 icon-star 統合失調症、及び統合失調症が疑われる場合(幻覚、幻聴、妄想などの症状が認められる場合、速やかに医師の診察を受けて下さい。)

 icon-star 双極性障害(躁うつ病)

 icon-star てんかん(催眠誘導により症状を誘発する場合があります。)

 icon-star 境界例、人格障害、及び人格障害が疑われる場合
(境界性人格障害、自己愛性人格障害、依存性人格障害など)

「私の家族(子供、配偶者)、友人、知人を連れて行きたい」とお考えの方へ

「うちの子供が学校へ行きたがらない」
「私の家族がひきこもりだ」
「私の知り合いが夜中に何度も電話をかけてきて、延々と愚痴を言う」

「だから私の子供を連れていきたい」
「私の家族にセラピーを受けてほしい」
「その知り合いにあなたを紹介しても良いか」

体の具合が悪い時、お医者さんにかかると、お医者さんが、処置が、薬が治してくれたと思いがちです。しかし、本当は、その人の自然治癒力が、処置や薬を「使って」自分を治しています。

心のことも体のことと同じように考えて、上記のような発想が出ることが非常に多いです。
しかし、これらは全て、「この状況を変えたいと思っている人、つまり、『あなた』が来て下さい」です。

体のことも「本人が治す気がなければ治らない」のです。どの医療関係者に聞いても、同じ答えが返ってきます。

まして、心のことはなおさらです。

自分を変えることができるのは自分だけです。人は他人を直接変えることはできません。
「この状況を変えたい」と思っている人にしか、変化を起こせません。

そしてまた、変化を起こすには自分と向き合うための、少なからぬエネルギーが要ります。
「自分の何かを変える意志がない」人に対して「あなたこのままではダメでしょ、変わりなさい」と言うのは、相手を否定することに他なりません。

善意のつもりが、却って相手を追い詰めてしまいます。

特にお子さんに対して
「どう?行ってみない?」と尋ねて「うん」と答えたとしても、
それは本心から願ってではなく

「ここで嫌だと言ったらお母さんにまた怒られる、泣かれるから仕方なく『うん』と言っておく」
というケースは非常に多いです。

その場合、私の前では遠慮があるため「いい子」にしていても、家に帰った途端、その反動で暴れる、部屋に閉じこもる、泣きわめく、ということは少なくありません。

「やっぱり自分は家族に迷惑をかけているんだ」という罪悪感が刺激され、家に帰った途端に爆発することがあり得ます。
ご本人から「行きたい、連れていってほしい」と言い出さない限り、親御さんから「セラピーを受けさせる」ことは決して示唆しないで頂きますようお願い致します。

夫婦であっても、親子であっても
「あの子が、夫が、妻が、問題だ。(だから相手が変わるべきだ)」の発想から
「この関係性(相手そのものではなく)をより良いものにするために、自分にできることは何だろうか?」の考え方へシフトすることが肝要です。

またこれは成人の場合であっても同じです。

あなたの周囲に「困った人」が仮にいるとして、その「困った人」との関係性を変えたいと思う人、「困った思いをしている人」がーどんなに理不尽に思ってもー動くより他ありません。
「困った人」に変わってほしいと願う・・・私たちはこれをよくやります。

しかし、その「困った人」を直接変えることはだれにもできません。
「困った人」と自分との関係性をどう変えるか、ということに焦点を当てる他ないのです。

そして皆が皆、その「困った人」に振り回されているでしょうか?
或いは、ご自分の人生で何度も、同じパターンに振り回されていないでしょうか?
だとすればこのことを、ご自分の世界地図を変えるきっかけにすることも出来ます。