生きづらい貴方へ

スルースキルは成熟の証・つい「真に受けてしまう」貴方へ

つい「真に受けてしまう」のは真面目で一生懸命なため

悩みがちな人は真面目で、「真に受けてしまう」人が多いようです。
子供の頃親や教師に期待されて育ち、真面目に頑張ることで承認されてきた人や、感受性が繊細な人が真に受けてしまいがちです。

真面目に頑張ることや感受性の繊細さは美徳でもありますが、どんなことでも諸刃の剣で、いい加減、つまり”良い”加減が中々できない、ということにもなりえます。

割合最近の言葉ですが「スルースキル」と言う言葉があります。

「そんなこと、スルーしとったらええねん!」と他人から言われたこともあるかもしれません。
そう言われた時「それができたらこんなに悩まないよ・・・」と内心思った人もいるでしょう。

「スルーしとけばいい」ことはスルーしておけばいい、確かにそうなのですが、このスルースキルは実は経験と鍛錬が必要です。

スルースキルは「自分に都合の悪いことには耳をふさぐ」ではありません

誤解されがちですが、スルースキルは「馬耳東風」「自分に都合の悪いことは聞かない」ではありません。
これはただの自分のエゴでしかありません。

自分と周囲のために真に役立つスルースキルとは、例えば

  • クレーマーや、店頭で嫌がらせをするお客さんを”逆切れさせずに”上手になだめてお引き取り頂くこと
  • 嫌みやあてこすり、その裏返しのおべっかやおべんちゃらを、否定も肯定もせず、”議論に乗せずに”やり過ごすこと

などです。

これは相手の体面と感情を傷つけずにお引き取り頂くことなので、場数と鍛錬が必要です。
社会人になりたての人にはさすがに難しいことでしょう。

そしてまた、こう見ていくとスルーしている人は優雅にやっているようですが、実はそれなりにエネルギーを使っています。

プライベートでも「スルースキル」は使ってよい、と許可するところから

真に受けて悩んでしまう人の中には、こうしたスルースキルと、「自分の都合の悪いことには耳をふさぐ」ことを混同していることがあります。

お店の例だとわかりやすいかと思いますが、お店の人が全員が全員「嫌がらせをする人を『真に受けて』悩んでしまう」人ばかりのお店と、「嫌がらせをする人を上手になだめてお引き取り頂く」ことができるお店と、どちらのお店に信用を置くでしょうか。

真に受けて悩むことそのものは、その人の真面目さの表れではあります。

しかしそこから「相手の体面を傷つけないように、上手に言って早めにお引き取り頂く、或いは自分から距離を置く」へ移っていく、それには努力が要ります。ただただ悩んでいるだけに自分をとどめず、その努力をすることが真の誠実さでもあるでしょう。

家族などその人との関係そのものは切れない場合でも、「相手のゲームに乗らない」「巻き込まれないように距離を保つ」ことが結果的に自分と相手を守ります。

仕事よりプライベートのことの方が、悩みは深いものです。
些細なことで拗ねてみせたり、真面目に付き合う気もないのに気のあるそぶりだけして来たり、こちらの言葉のいちいちを揚げ足取りをして来たり、こうしたゲームを仕掛けてくることに「あー!うっとうしい!」と思った経験のない人はたぶんいないでしょう。

プライベートの付き合いだと、仕事の付き合いのように割り切れず「気まずくなっちゃいけないんじゃないか」とずるずる続いてしまいがちです。
気持ちが優しい人なら尚更です。

しかし「上手にお引き取り頂く」こともまた、誠実さの現れであり、これができるのは成熟の証でもあるのです。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録