肯定形の重要性とは・「~ない」を言い換えるだけで

「イライラしちゃダメ!」と思えば思うほど

弊社の心理セラピー・セッションを受ける前に、必ず「~ない」という言葉を使わずに、肯定形でどんな自分になりたいかを考えて持ってきてください、とお願いしています。普段使っている言葉に注意を払い、「ネガティブ+ない」をできるだけ肯定形に変える、そんなことから人生は変わり始めます。

例えば、こういう経験はないでしょうか?

「イライラせんとこ。今絶対にイライラしたらあかん!イライラしたらあかんねん・・・」

と自分に言い聞かせるほど、イライラしてしまう・・・。
それは脳にドンドン「イライラ」をインプットしているからなのです。

「あがったらダメ」「間違えないで!」「心配するな」等々も同じです。

それはどういうことか、と言うと、

「東京タワーを

 

想像しないでください」

今、想像しましたね!?

脳は大変素早く反応します。「東京タワー」と言う言葉を見たり聞いたりした瞬間、あの赤い二等辺三角形の東京タワーをイメージしてしまいます。

先の例ですと、「イライラしない」ではなく「落ち着こう」「穏やかでいよう」などと言い換える練習をすると効果的です。
もちろん自分の言葉でOKです。

また、「絶対に『イライラしない』と思ないでおこう」と思うと、また「イライラしない」を考えてしまいます!

絶対に「イライラしない!」と考えないことには無理があります。「ああ、今『イライラしない』と自分に言ってるな」と、できるだけすばやくキャッチし、違う言葉に言い換えられれば、それで充分です。キャッチできるもう一人の自分がいること、これを客観視と言います。自尊感情の基盤となるものです。

小さな子どもに「ミルクをこぼさないで!」と言った瞬間にミルクをこぼしてしまうのは、「ミルクをこぼす」が脳にインプットされるからです。
この場合「コップをまっすぐに持っていてね」などと言うと、子どもはその通りに持ってくれます。

また公共のトイレなどに

「きれいに使って頂きありがとうございます」

などと表示しているのを見たことがあるかもしれません。

もうおわかりですね!?

「汚さないでください」

だと「汚す」が脳にインプットされてしまうからです。

「~ない」と言う言葉が出てきてしまったら、それをキャッチして自分の言い換えてみる、この習慣だけでも心の状態が変わっていく、人の心は複雑ですが、脳にはこのように意外と単純な側面もあります。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

NO IMAGE

生きづらい貴方へ

自尊感情(self-esteem)とは「かけがえのなさ」。そのままの自分で、かけがえがないと思えてこそ、自分も他人も大切にできます。自尊感情を高め、人と比べない、自分にダメ出ししない、依存も支配も執着も、しない、させない、されない自分に。