自尊感情にまつわるコラム

「もし~だったらどうしよう」思考から抜け出すために 

「最悪のシナリオ」に自らはまり込む「もし~だったらどうしよう」思考

自尊感情が低いと、出来事にネガティブな意味づけをしがちです。

例:「隣の奥さんが私に『おはようございます』と言わなかったのは、私を嫌っているからだ」

脳は「次に何をすれば生き延びられるか」を学習するために、起きた出来事に意味づけをしようとします。
そして自尊感情が低ければ低いほど、「上手く行かなかった時にがっかりしないための『保険』」をかけようとします。

上の例だと、奥さんは考え事をしていたのかもしれない、元々誰に対しても挨拶はしない人なのかもしれない、もしかすると会釈を返して挨拶したつもりだったのかもしれない、でももしそれらではなかったら、自分は傷つく、だから先回りして「最悪のシナリオ(私は嫌われているからだ)」を自分でくっつけておく、こうやって(よくよく考えるとおかしなやり方ですが)自分を守ろうとしています。

これが「彼からラインの返信がない」「○回続けて営業を断られた」などでも、「彼に電話して確認する」「他の営業のやり方を先輩から学び、試してみる」など自分から行動を起こす前に(それでも上手く行かなかったらもっと傷つくから)、「最悪のシナリオ」を先に想定してくっつけてしまうと(「彼は心変わりしたんだ」「自分は営業には向いていない」)、結果的に自尊感情が下がる悪循環が起こってしまいます。

「最悪のシナリオ」は「もし上手く行かなかったらどうしよう」の質問の答えでもあります。

そして少々厄介なことに、私たちはこの質問ではなく答え、「最悪のシナリオ」の方を考えていることが多いです。だからこそ、この「最悪のシナリオ」は自分がした質問の答えに過ぎないのに、あたかも動かしがたい事実であるかのように思いこんでしまい、はまり込んでしまいます。

「最悪のシナリオ」を考えることが必要な時も

防災などは「最悪のシナリオ」をいくつもシュミレーションすることが重要です。悪い意味での「楽観視」は防災では全く役に立ちません。
経済や健康などもそうした場合があるでしょう。

しかしそもそも、「最悪のシナリオ」を考えておくのは何のためでしょうか・・・?
私たちが幸せに暮らすためですね。

「最悪のシナリオ」にはまり込んでいる時は、この当初の目的がどこかに飛んでしまっています。

「上手く行かない前提」を自分で刷り込んでいないか

例えば、本来の望むことは「売り上げが上がること」なのに「今後も売り上げが上がらなかった時に備えて」、「経費の節約」や「資金調達」だけを考え、「どうやって売り上げを上げるか」が抜け落ちると、「売り上げが上がらない」前提を自分で刷り込んでしまいます。

「今後も売り上げが上がらないだろうから、経費を節約しよう、資金を調達しよう」(上手く行かないだろうから、これこれをしよう)という思考になってしまうと、自ら「売り上げが上がらない」枠組みで世界を見てしまいます。

経費の節約も資金調達も必要でしょう。しかし一旦対策を講じたら、本来の目的「売り上げをどのようにして上げるか」に意識を向け直すことが肝要です。

これが恋愛の場合だと「振られるのが怖いから先に別れを切り出す」など真の望みと裏腹なことをやる、になります。これも本来の目的「恋人と良い関係を築く」に立ち戻ることが大切です。

「上手く行かなかった時のこと」ばかりに意識が向き過ぎていないか、これは自分で気がつかなければそのままですし、また繰り返すほど強化されてしまいます。

参考:潜在意識の特徴 ⑤意識を向けたものを引き寄せる
潜在意識の特徴 ⑩人の成長はS字曲線の理由

一旦「ああ今自分は『上手く行かなかった時のこと』ばかり考えているな、『上手く行かない前提』を自分で刷り込んでいるな」と気がつくことができたら、既にそこから抜け出す一歩を踏み出せています。

その後は改めて「本来望むこと」に意識を向けて、「もし~だったらどうしよう」の質問ではなく「どのようにしたら実現できるだろう」の質問に変える、これを何度でも自分にする、これで「最悪のシナリオ」から脱出する道筋がつき始めます。

参考:人生が上手く行く質問・上手く行かない質問

自分をジャッジせずに受け止めてこその客観性

「もし~だったらどうしよう」は、未来に不安を感じている時に湧きあがります。「疑っていないこと」或いは「その通りにならなかったとしても、どうということはないこと」に対しては、このようなことは考えません。
この不安は売り上げや恋人との関係が重要だ、と思えばこそです。

先のことは誰にもわからないので、不安があるのは当然ですが、不安を感じまい、感じたくないと思えば思うほど、つまり「不安な気持ち」をそのまま受け止めないと「最悪のシナリオ」に自らはまり込んでしまいがちです。

重要な、そして結果のわからないことに取り組めばこそ不安は湧きあがるもの、まずそれをジャッジせず受け止めて初めて私たちは客観視できます。客観視は「最悪のシナリオ」から脱するための鍵になります。

参考:自尊感情を高める7つの習慣 ① ネガティブな感情を受け止める
自尊感情を高める7つの習慣 ④不安を直視する力

不安に自ら押しつぶされないために

結果は誰にもわかりません。

しかし不安が強ければ強いほど、結果をコントロールしたくなりがちです。上手く行かない=自分がダメだからだ、或いは、周りがダメだから、無理解だからだ、という意味づけが入っていると「上手く行かないかもしれない」ことを過剰に恐れてしまいます。

そして結果は誰にもコントロールできないので、最初に挙げた「最悪のシナリオ」の「保険」を先回りしてかけようとしてしまいます。

ここから抜け出すためには「上手く行かなかったとしても、そこから学び、やり直せる」と思えるかどうかです。「転んでなんぼ」と思えるかどうかです。

そしてどんな人にも、「学んでやり直した」経験はあります。最初からすたすた歩ける赤ちゃんはいませんし、新入社員の時から全くミスをしなかった人もいません。普段はそれを忘れてしまっているだけです。

自分自身の「失敗から学び、やり直した経験」を振り返り、リソースとすると共に、周囲に対しても「失敗から学び、やり直せる」ことを優しく応援する、このことで「仮に上手く行かなかったとしても、大丈夫」の暗示を自分に入れることが出来ます。

無料ステップメール「自分を大切にする7日間のレッスン」

自尊感情を高めるとは、自分を大切にすることと言い換えても良いでしょう。
「でも、具体的に何から始めたらいいの・・・?」の声にお応えして7日間のレッスンにまとめました。

《レッスンの一例》

● 体の声は心の声・体の状態に耳を傾ける
● 望まない人間関係に心の中で「No」を言う
● 「今・ここ」を生きるための自分への質問

Pradoの心理セラピー・セッションでお伝えしている内容を含んでいます。

どんな自分も否定せず、そのまま見て、耳を傾けることで「生きやすさ」は増していきます。
自分を大切にすることで、打たれ強く、柔軟で、ぶれない心を・・・!

 

無料ステップメールに登録